神奈川県|屋根の修理は年月と共に必要に

【無料の企業PR広告】
■該当件数33件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 屋根修理プロ

屋根の修理は年月と共に必要に


屋根や外壁は長年の間に紫外線や風雨によって劣化を生じて来ます。洋瓦のような厚さの薄いタイプのものや、日本瓦のようなタイトな瓦もあり、部分的に割れを生じて取り替えたり、あるいは雨漏りなどが生じている場合には、その原因となっている部分の調査を行い、防水下地などを一体取り替える場合もあります。最近では地球温暖化によって夏場の気温が上昇して来ているために、これに対して補修や修理として省エネとなる塗装を行うこともあります。遮熱塗装とか断熱塗装をと呼ばれ、これを行うには下地となるプライマーを施しますがこれが防水層の役割をはたし、しかも夏場は太陽光線を受けても熱線を室内へ持ち込まない性質があり、外気温に較べて4度Cほど低下させる効果を持っています。これらの工事は複数の専門業者に見積を取ってその中から良い業者を選ぶようにしたいものです。